FC2ブログ

『愛城研報告』第23号←愛知中世城郭研究会

愛知中世城郭研究会より『愛城研報告』第23号が刊行されました。
今号も爽やかな水色の装丁です。
今号は掲載論考7本中6本が愛知県の城館に関するものとなっています。
お問合せですが、城郭情報部さんのHPが不具合があって更新されていませんがサイト内
★愛知中世城郭研究会出版案内 
より御願いします。
 
愛城研報告23号
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

『愛城研報告』第22号←愛知中世城郭研究会

愛知中世城郭研究会より『愛城研報告』第22号が刊行されました。
★詳細は城郭情報部の愛知中世城郭研究会出版案内をご参照下さい。

愛🏯研報告22号

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

『愛城研報告』第21号←愛知中世城郭研究会

愛知中世城郭研究会より『愛城研報告』第21号が刊行されました。
第20号を区切りとして休刊も考えられていましたが石川浩治氏を三代目編集者として当面刊行が続けられることになりました。
愛知中世城郭研究会から刊行されていますが愛知県という地域、中世城館にこだわらず城館全般を対象とした論考を掲載しています、執筆者も会員以外に解放されており縄張り・文献・考古・建築・歴史地理等々多様な視点から城館に迫った論考が寄せられています。今号も中世から近世の城館を対象とした幅広い論考が掲載されています。今後も目の離せない研究誌です。
★詳細は城郭情報部の愛知中世城郭研究会出版案内を参照下さい。

愛城研報告第21号

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

常総中世史研究第5号

本日常総中世史研究第5号が到着しました。
今までの中で一番薄いのでちょっと心配しまたが内容は今まで通り熱いものでした。
これからじっくりと味読したいと思います。

常総中世史研究5号

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

『岩櫃城跡-平成25年度 第1次発掘調査概要報告-』←群馬県吾妻郡東吾妻町

『岩櫃城跡-平成25年度 第1次発掘調査概要報告-』が刊行されます。
東吾妻町では岩櫃城跡の国指定史跡化を目指して学術的な発掘調査を実施しています。
平成25年度に行った志摩小屋地区の発掘調査概要報告書です。
調査によって、従来確認されていなかった堀の検出や、掘立柱建物跡・石積み遺構の確認がされたとのことで、興味深い発掘調査報告書ですね。

書名:  東吾妻町埋蔵文化財発掘調査報告書第23集

     東吾妻町指定史跡

     『岩櫃城跡-平成25年度 第1次発掘調査概要報告-』

仕様: A4版 本文26ページ 図版7ページ 190グラム

販売場所:東吾妻町中央公民館

       (〒377-0801 群馬県吾妻郡東吾妻町大字原町1117-1 電話 0279-68-2412)

      東吾妻町教育委員会教育課文化財保護係

       (〒377-0304 群馬県吾妻郡東吾妻町大字奥田39-1 電話 0279-59-3370)

販売価格: 1000円

※郵送での販売をご希望の場合は下記問い合わせ先までご連絡下さい。

◎問い合わせ先◎  東吾妻町教育委員会 文化財保護係 吉田智哉

              電話 0279-59-3370
★詳細は東吾妻町HPにてご確認下さい。

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

常総中世史研究創刊号が刊行されました。

茨城大学中世史研究会から年刊の研究誌『常総中世史研究』が創刊されました。茨城県域の中世史に関する研究論文や調査報告・史(資)料紹介等を幅広く集めて掲載していく予定との事です。
この常総中世史、5月3日に那珂市で行われた歴史フォーラム「新発見『小野崎文書』の世界」の会場で予約をして来ました。本来フォーラム当日に会場でお披露目したかったようですが、原稿が遅れたようで予約販売となっていました。いつ届くかと心待ちにしていましたが、本日無事に到着した次第です。
創刊号の内容ですが以下の通りです。

★常総中世史研究 創刊号
★創刊の辞
★研究   結城合戦絵詞の錯簡について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・藤本正行
      レスキューされた伊達政宗の「密書」
       -新発見ひたちなか市菊地家蔵「小野崎文書」の翻刻と解説ー・・・・・・茨城資料ネット
★動向   東国武士団論の可能性Ⅱ
       -山本隆志著『東国における武士勢力の成立と展開」を読んで・・・・・・・・・・高橋修
★調査報告 東野城跡とその周辺ー「つなぎの城」の全体像ー・・・・・・・・・・・・・・・五十嵐雄大
      長倉城跡とその周辺<補遺>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・額賀大輔
★資料紹介 常陸大宮市内における佐竹氏所縁の開基木造・・・・・・・・・・・・・・・・・・高村恵美

常総中世史研究1
表紙。

常総中世史研究2
裏表紙。

今日は時間が無いので。ちらっと中を覗いてみましたがいずれも興味深い内容ですね。時間が出来次第熟読しようと思います。

郡山の歴史

「郡山の歴史」は福島県郡山市から昭和49年に『郡山市史』のダイジェスト版として刊行、昭和59年に一部改訂が行われ平成16年(2004)に全面改定が行われています。戦国期諸勢力が入り乱れて複雑なこの地域の歴史をコンパクトにわかりやすくまとめており、図版・写真も豊富で郡山の歴史を概観するうえで非常に便利な一冊となっています。郡山市役所本庁舎1階売店で一冊1000円で販売しています。

郡山の歴史表紙
郡山の歴史裏表紙

福島県文化センター四〇周年記念出版 ふくしま発信 直江兼続と関ヶ原ー慶長五年の真相をさぐるー

財団法人福島県文化振興事業団から福島県文化センター開館四〇周年記念出版として「ふくしま発信 直江兼続と関ヶ原 -慶長五年の真相をさぐるー」が刊行されました。平成二〇年から二年間にわたっておこなわれた「ふくしま発信事業」とその関連事業で得られた成果をまとめたものです。とくに二〇〇九年にNHKで放映された「天地人」にちなんでおこなわれた企画展・講演会・シンポジウム等でえられた成果が中心になっています。北の関ヶ原と称される事もある慶長五年の政治的・軍事的緊張についての最新の成果がまとめられており見逃せません管理人も多くの企画展や講演会に参加しましたが、こうして豊富な図版や資料とともに活字化されたことは嬉しい限りです。限定280部の出版で残りわずかのようです。興味のある方はお急ぎくださいね!!

詳細はこちら
  ↓
★財団法人福島県文化振興事業団


直江兼続と関ヶ原1

直江兼続と関ヶ原2



郡山市遺跡ガイドブック『守山城跡と郡山の城館』

福島県郡山市の郡山市教育委員会から『郡山市遺跡ガイドブック「守山城跡と郡山の城館」』が刊行されました。発掘成果をもとに守山城についてわかりやすく解説されています。また郡山市内のいくつかの城館跡についても縄張り図付きで紹介されていて郡山市域の城館を概観できて便利な内容となっています。郡山市内の遺跡を紹介するこのシリーズは平成20年から刊行されていて今回が4冊目です。城館関係では平成21年に刊行された「埋もれていた中世のまち荒井猫田遺跡」も参考になります。次はぜひとも安子ヶ島城をお願いしたいですね。

価  格:1冊500円

販売場所:郡山市教育委員会文化課(ミューカルがくと館)
     市役所分庁舎1階市政情報センター

守山城ガイドブック1

守山城ガイドブック2

荒井猫田遺跡ガイドブック1

荒井猫田遺跡ガイドブック2






プロフィール

元祖nekodarake

Author:元祖nekodarake
FC2ブログへようこそ!

★城と戦国武将が好きなnekoです。のんびり更新していきます。お楽しみ頂けましたら幸いです。
★更新情報等掲示板に書き込みしますので掲示板も覗いてみて下さい!!

お城の話掲示板
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
596位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
100位
アクセスランキングを見る>>
お城の話

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR