FC2ブログ

多功城跡←栃木県河内郡上三川町

多功城跡石碑
(2018.07.01訪城)
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

黒羽城2017.08.19←栃木県大田原市

夏の装いの黒羽城水掘。
明日の朝に開くのでしょう蓮の花の大きなつぼみ。
雷鳴を背にシャッターを切りました。

黒羽城2017.08.19A

黒羽城2017.08.19B

黒羽城2017.08.19C

黒羽城2017.08.19D

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

黒羽城2017.07.15←栃木県大田原市

あじさい祭りも終わり静けさを取り戻した黒羽城。土曜日でしたが梅雨の晴れ間の猛暑のせいか訪れる人もまばらでした。
初夏の装いを見せつつも紫陽花の花はまだまだ楽しむ事が出来ました。
黒羽城2017.07.15A

黒羽城2017.07.15B

黒羽城2017.07.15C

黒羽城2017.07.15D

黒羽城2017.07.15E

黒羽城2017.07.15F

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

黒羽城2017.05.13←栃木県大田原市

5月13日(土)の黒羽城。
雨に煙っていました。
桜は散り、名残りのつつじが雨にうたれていました。
紫陽花で賑わいを見せるのはあと少し。

黒羽城2017.05.13A

黒羽城2017.05.13B

黒羽城2017.05.13C

黒羽城2017.05.13E

黒羽城2017.05.13F

黒羽城2017.05.13D

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

黒羽城2017.04.08←栃木県大田原市

4月8日(土)の黒羽城。桜はあと一息ですが、色々な花々が競い合っていました。今週末には桜も見頃を迎えるでしょう。
黒羽城2017.04.08A

黒羽城2017.04.08B

黒羽城2017.04.08C

黒羽城2017.04.08D

黒羽城2017.04.08E

黒羽城2017.04.08F

黒羽城2017.04.08G

黒羽城2017.04.08H

黒羽城2017.04.08I

黒羽城2017.04.08J

黒羽城2017.04.08K

黒羽城2017.04.08L

黒羽城2017.04.08M

黒羽城2017.04.08N

黒羽城2017.04.08O

黒羽城2017.04.08P

黒羽城2017.04.08Q

黒羽城2017.04.08R

黒羽城2017.04.08S

黒羽城2017.04.08T

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

武茂本城←栃木県那須郡那珂川町

栃木県那珂川町の武茂本城に行ってきました。
主郭を中心とした主要部分の壁面が何ヶ所か崩落していました。
東日本大震災の影響でしょうか?

武茂本城1
静神社入り口駐車場に建てられている案内板。


武茂本城2
案内板と標柱。


武茂本城4
出丸に建つ案内板。


武茂本城5
案内板と標柱。


武茂本城6
案内板と主郭方面への登城路。

真木城←栃木県那須塩原市

真木城も宇都野城と同じく県道30号線沿いに立地している。北側は大きな横堀状の谷、南は野沢川に挟まれた小規模な台地に築かれていて、主郭と考えられる土塁をともなった曲輪と土塁をもたない曲輪の二郭からなっており。両者間には空堀がみられる。現在主郭には、宝永五年(1708)に建てられた箒根神社が鎮座している。宇都野城同様、戦国末期に大田原氏によって攻め落とされたと言う。天正18年(1590)に大田原氏が豊臣秀吉から所領安堵を受けた際の目録に宇都野城のある宇都野、真木城のある金沢が含まれているので、戦国末期、当地域が大田原氏の支配地であったことがうかがわれる。戦国期の文書資料の少ない当地域だけに貴重な城館遺構と言えるのではないでしょうか。宇都野城とは近いのでセットでの見学がお勧めです。


真木城1県道30号に面してたつ石灯籠。この参道を進むと真木城の案内板が。


真木城2現地案内板・真木城石碑・箒根神社への石段。この石段を登ったところが真木城主郭。


真木城3案内板。


真木城4
塩原町時代に建てられた真木城石碑。


真木城5石段は真木城の壁面に作られている。


真木城6主郭内の様子。


真木城7箒根神社拝殿。


真木城8箒根神社案内板。


真木城9主郭土塁の虎口部分。手前が空堀。


真木城10副郭の様子。綺麗に削平されている。


真木城11副郭から覗いた、城跡の南側を流れる野沢川。


真木城12空堀から覗いた北側の谷。横堀として機能していたと思われる。(訪城日2011.09.16)














宇都野城(鳩ヶ森城)←栃木県那須塩原市

宇都野城が整備されたとのことで行って来ました。城館跡の整備ではなく荒廃した森林の整備事業とのことでした。ただ、案内板が建てられ登城口から本丸(曲輪名は現地案内板による)までの道がつくられるなど城館跡である事を意識した整備となっています。本丸・二の丸は下草が刈られて伐木されており大変に見学しやすくなっていました。三の丸は伐木はされていませんが下草も少なく見学しやすい状態でした。本丸北側に連なる郭群も見学しやすい状態となっています。9月16日(金)に訪城したのですが蚊の攻撃がすさまじく防虫スプレーがきかずにボコボコにされました。今回は状況確認と写真撮影だけでしたので、蚊のいない季節に縄張り図を書きに行こうかと考えています。


宇都野城1県道30号線沿いに立地する宇都野城。


宇都野城2
宇都野城3登城口と案内板。


宇都野城4標柱も建てられています。


宇都野城5本丸、二の丸間の空堀。


宇都野城6本丸南側の虎口。本丸への道によって若干改変されているように見える。


宇都野城7本丸標柱。


宇都野城8塩原町時代に建てられた案内板。那須塩原市では旧塩原町内に中世城館跡が多く残る。


宇都野城9五輪塔。旧城主に所縁の物か?


宇都野城10本丸東北隅には神社が建てられているが元は櫓台でもあろうか?


宇都野城11本丸北側土塁上から南を見る。しっかりとした土塁が巡っている。


宇都野城12城跡の西側は沢が流れ天然の堀となっているが、対岸との比高差がなく、そのためか西側の土塁の規模が大きいようである。


宇都野城13本丸南側土塁上から二の丸を望む。


宇都野城14本丸に建てられている案内板。栃木の元気な森づくり県民税の活用で整備された事を伝えている。


宇都野城15二の丸から見た本丸。



宇都野城16二の丸は面白い構造をしている。本丸の虎口前に当たる部分に土塁で囲まれた空間が作られている。はたしてこれは?



宇都野城17二の丸東側土塁上から箒川方面を望む。


宇都野城18二の丸標柱。


宇都野城19三の丸現況。


















烏山城跡←発掘調査が始まりました。

12月12日(日)に栃木県那須烏山市の烏山城に行って来ましたが、発掘調査が始まっていました。今回の調査は本丸の調査です。これにともない刈り払い・倒木の除去等が行われており古本丸・本丸周辺は非常に見学がしやすくなっております。吹貫門から正門を経て本丸への城道の石段が綺麗に見えています。普段は藪・倒木が多く見学しにくい城です。この機会に見学してみてはいかがでしょうか!!来年一月末には現説も開かれるようです。詳細がわかりましたらお知らせいたします!!

常盤門石垣1常盤門・常盤曲輪周辺石垣1

常盤橋門周辺石垣2常盤門・常盤曲輪周辺石垣2

本丸石垣本丸石垣

石段石段

発掘風景発掘風景






プロフィール

元祖nekodarake

Author:元祖nekodarake
FC2ブログへようこそ!

★城と戦国武将が好きなnekoです。のんびり更新していきます。お楽しみ頂けましたら幸いです。
★更新情報等掲示板に書き込みしますので掲示板も覗いてみて下さい!!

お城の話掲示板
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
417位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
84位
アクセスランキングを見る>>
お城の話

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR