FC2ブログ

始まりました⇒とびやま歴史体験館第13回企画展 栃木の城シリーズ7 鬼怒川流域の中世城館跡ー近年の調査資料を中心にー

9月4日の記事で紹介した、とびやま歴史体験館の企画展が始まりました。パネルと出土遺物で鬼怒川流域の中世城館跡と関連遺跡を紹介しています。

①岡本城
②平出城
③石井城
④桑島城
⑤刑部城
⑥成願寺遺跡
⑦真岡城(芳賀城)
⑧八木岡城と下陰遺跡
⑨勝山城
⑩長沼城

①岡本城は近年の発掘成果を中心とした展示。②~⑥は辰街道沿いに立地する城館跡と遺跡で平出城と成願寺遺跡は発掘成果をメインに展示しています。ただ、辰街道に関する解説がないのが残念。⑦⑧⑨⑩も発掘成果が中心の展示で長沼城跡から出土した13世紀前半代の手づくねカワラケと楠葉産輪花型瓦器杯が注目とのことです。今回の展示では各遺跡から出土したカワラケが多く展示されていて興味深いのですが、こちらも解説が少ないのが残念です。個人的にカワラケが気になるこの頃なので突っ込んだ解説が欲しかった!!

とびやま歴史体験館の企画展、コンパクトですが質の高い展示だと思います。なによりも入館無料が嬉しいですね。11月23日(水)まで開催されています。飛山城と併せて訪ねて見てはいかがでしょうか!!


また、企画展にあわせて江田郁夫先生の講演会が行われます。
    ↓
★企画展講演会
「中世宇都宮氏の城館を歩く」
講師 江田郁夫氏(栃木県立博物館)
日時 10月30日(日) 13:30~15:30
定員 先着100名
申し込みは・問い合わせはとびやま歴史体験館まで TEL028-667-9400


とびやま歴史館1
とびやま歴史館2
とびやま歴史館3

関連記事
スポンサーサイト



平成23年度 堀越城跡発掘調査現地説明会←青森県弘前市

平成23年10月2日(日)に青森県弘前市の堀越城で発掘調査現地説明会が開催されます。津軽氏初期の拠点城郭として国指定史跡に指定されており、史跡公園整備のため継続的に発掘調査がおこなわれています。今年度は三の丸・外堀が調査されて、その規模や三の丸内部の様子が判明したそうです。興味深い現説ですが、弘前は遠いなあ・・・。

(1)開催日時  平成23年10月2日(日)午前10時から11時
(2)集合場所  堀越城跡発掘調査現場事務所前(国道7号堀越交差点角。)※当日は、午前10時までに集合の事。
(3)駐車場   現場事務所前に仮設駐車場あり。満車の場合は、堀越地区雪置場に駐車の事。現地係員の誘導に従う事。
(4)注意事項  小雨決行。現地は足場が悪いところもあるので歩きやすい靴・服装で参加の事。

★問合せ先  弘前市教育委員会文化財保護課埋蔵文化財係
       青森県弘前市賀田1-1-1 弘前市岩木庁舎3階
       TEL 0172-82-1642


★弘前市教育委員会文化財保護課埋蔵文化財係

関連記事

真木城←栃木県那須塩原市

真木城も宇都野城と同じく県道30号線沿いに立地している。北側は大きな横堀状の谷、南は野沢川に挟まれた小規模な台地に築かれていて、主郭と考えられる土塁をともなった曲輪と土塁をもたない曲輪の二郭からなっており。両者間には空堀がみられる。現在主郭には、宝永五年(1708)に建てられた箒根神社が鎮座している。宇都野城同様、戦国末期に大田原氏によって攻め落とされたと言う。天正18年(1590)に大田原氏が豊臣秀吉から所領安堵を受けた際の目録に宇都野城のある宇都野、真木城のある金沢が含まれているので、戦国末期、当地域が大田原氏の支配地であったことがうかがわれる。戦国期の文書資料の少ない当地域だけに貴重な城館遺構と言えるのではないでしょうか。宇都野城とは近いのでセットでの見学がお勧めです。


真木城1県道30号に面してたつ石灯籠。この参道を進むと真木城の案内板が。


真木城2現地案内板・真木城石碑・箒根神社への石段。この石段を登ったところが真木城主郭。


真木城3案内板。


真木城4
塩原町時代に建てられた真木城石碑。


真木城5石段は真木城の壁面に作られている。


真木城6主郭内の様子。


真木城7箒根神社拝殿。


真木城8箒根神社案内板。


真木城9主郭土塁の虎口部分。手前が空堀。


真木城10副郭の様子。綺麗に削平されている。


真木城11副郭から覗いた、城跡の南側を流れる野沢川。


真木城12空堀から覗いた北側の谷。横堀として機能していたと思われる。(訪城日2011.09.16)














関連記事

宇都野城(鳩ヶ森城)←栃木県那須塩原市

宇都野城が整備されたとのことで行って来ました。城館跡の整備ではなく荒廃した森林の整備事業とのことでした。ただ、案内板が建てられ登城口から本丸(曲輪名は現地案内板による)までの道がつくられるなど城館跡である事を意識した整備となっています。本丸・二の丸は下草が刈られて伐木されており大変に見学しやすくなっていました。三の丸は伐木はされていませんが下草も少なく見学しやすい状態でした。本丸北側に連なる郭群も見学しやすい状態となっています。9月16日(金)に訪城したのですが蚊の攻撃がすさまじく防虫スプレーがきかずにボコボコにされました。今回は状況確認と写真撮影だけでしたので、蚊のいない季節に縄張り図を書きに行こうかと考えています。


宇都野城1県道30号線沿いに立地する宇都野城。


宇都野城2
宇都野城3登城口と案内板。


宇都野城4標柱も建てられています。


宇都野城5本丸、二の丸間の空堀。


宇都野城6本丸南側の虎口。本丸への道によって若干改変されているように見える。


宇都野城7本丸標柱。


宇都野城8塩原町時代に建てられた案内板。那須塩原市では旧塩原町内に中世城館跡が多く残る。


宇都野城9五輪塔。旧城主に所縁の物か?


宇都野城10本丸東北隅には神社が建てられているが元は櫓台でもあろうか?


宇都野城11本丸北側土塁上から南を見る。しっかりとした土塁が巡っている。


宇都野城12城跡の西側は沢が流れ天然の堀となっているが、対岸との比高差がなく、そのためか西側の土塁の規模が大きいようである。


宇都野城13本丸南側土塁上から二の丸を望む。


宇都野城14本丸に建てられている案内板。栃木の元気な森づくり県民税の活用で整備された事を伝えている。


宇都野城15二の丸から見た本丸。



宇都野城16二の丸は面白い構造をしている。本丸の虎口前に当たる部分に土塁で囲まれた空間が作られている。はたしてこれは?



宇都野城17二の丸東側土塁上から箒川方面を望む。


宇都野城18二の丸標柱。


宇都野城19三の丸現況。


















関連記事

国指定史跡脇本城跡発掘調査現地説明会←秋田県男鹿市

平成23年9月17日(土)、秋田県男鹿市の国指定史跡脇本城跡で発掘調査現地説明会が開催されます。脇本城跡では近年、継続して発掘調査が行われています。本年度は建物跡や盛り土の跡など多くの遺構が見つかったようです。男鹿半島の付け根に位置し日本海や寒風山を望む絶好のロケーションにあります。この機会にぜひ一度訪ねて見て下さい。掲載写真は昨年7月19日に訪城した際の物です。



★国指定史跡脇本城跡発掘調査現地説明会
●【日  時】 平成23年9月17日(土) 10時~12時
●【集合場所】 脇本城跡入口(道路わきの鳥居前)
※申込みは不要です。当日は、歩きやすい服装や運動靴などでお越しくださいとのことです。
●問い合わせ 生涯学習課  電話番号: 0185-46-4110 



脇本城2010.07.19P城跡入り口。集合場所はこのあたりのようです。

脇本城2010.07.19A現地案内板。




脇本城2010.07.19E
脇本城2010.07.19D城跡入り口から登っていくとプレハブの案内所があってパンフレットが置かれています。



脇本城2010.07.19B
脇本城2010.07.19C
脇本城2010.07.19F
脇本城2010.07.19G
脇本城2010.07.19H城跡内には多くの案内板が建てられています(*^。^*)


脇本城2010.07.19I城跡から見た日本海。


脇本城2010.07.19M
脇本城2010.07.19N
脇本城2010.07.19O昨年も発掘調査が行われていました。


脇本城2010.07.19J
脇本城2010.07.19K
脇本城2010.07.19L馬乗り場(古舘)ではカモシカと御対面。









関連記事

第6回北日本近世城郭検討会「東日本大震災による城郭の被災」報告会←うかつにも参加出来ませんでした(@_@;)

東日本大震災による城館跡の被害について自分なりに調査したり情報収集をして、当ブログでも紹介して来ましたが、残念ながら、下記の報告会の開催を知らずに参加出来ませんでした。資料集、六一書房であつかっているようなので入手してみようと思います。12月には、白河市の小峰城石垣の修復も始まるようです。被災した城館跡の復旧を祈るばかりです。

★第6回北日本近世城郭検討会「東日本大震災による城郭の被災」報告会
 8月21日、宮城県の仙台市博物館ホールにおいて、第6回北日本近世城郭検討会「東日本大震災による城郭の被災」報告会が開催されます。各地のまちづくりの中核であった近世城郭の被災状況を、市民・研究者・石垣修復等技能者の方々と共有し、今後の復旧・整備・活用に向けた取組みにつなげようとする催しです。内容は以下の通りです。
1.名称  第6回北日本近世城郭検討会「東日本大震災による城郭の被災」報告会
2.主催  北日本近世城郭検討会
3.共催  仙台市教育委員会・仙台市博物館
4.日時  2011年8月21日(日)午前10時00分~午後3時
5.会場  仙台市博物館ホール【仙台市青葉区川内26 仙台城三の丸跡】
6.日程  会場受付      9:30~ 【入場無料・申込不要,資料希望者千円】
       開会・趣旨説明 10:00~ (報告) ~15:00(閉会)
7.報告
   「会津若松城跡」(会津若松市教育委員会)
   「二本松城跡」(二本松市教育委員会)
   「白河城跡」(白河市教育委員会)
   「岩手県内の城郭」(二戸市教育委員会)
   「仙台城跡」(仙台市教育委員会)
   「弘前城跡」(弘前市教育委員会)  など (※他に紙上報告数件を予定)
8.対象   各地の市民、城郭担当者、研究者、城郭整備技能者等150名程度


★資料集目次
報告1「仙台城跡」渡部 紀
報告2「岩手県内の城郭」関 豊
(1)九戸城 (2)盛岡城 (3)花巻城
報告3「若松城跡」近藤 真佐夫
報告4「二本松城跡」佐藤 真由美
報告5「白河小峰城跡」鈴木 功
報告6「弘前城跡」岡本 康嗣
報告フ「山形城跡」五十嵐 貴久
報告8「白石城跡」日下 和寿
報告9「相馬中村城跡」橋本 博幸
報告10「磐城平城跡」猪狩 みち子
寄稿 「貞観大地震の実態」鈴木 啓



関連記事

山形城←ねこだらけな城

城巡りをしていると猫が出迎えてくれる事が多々あります。ここ山形城にも沢山の猫達が。可愛い!可愛いのですが、『捨て猫禁止』の張り紙が!!皆さんルールは守りましょうね!!


ネコだらけな山形城1
ネコだらけな山形城2
ネコだらけな山形城3
ネコだらけな山形城47月31日の猫達。



ネコだらけな山形城6
ネコだらけな山形城78月27日の猫達。


ネコだらけな山形城5




史跡山形城跡ⅩⅧ 本丸御殿発掘調査現地説明会の様子

平成27年8月27日(土)に行われた山形城の現説に参加してきました。夏の日差しのもと久しぶりの現説を楽しんで来ました。前回の調査区も埋め戻されておらずに公開されていて、礎石建物跡・掘立柱建物跡・瓦敷き遺構なども見る事ができました。前回の現説は参加出来なかったので大変にありがたかったです。今回の調査終了後は本丸内に遊歩道が建設されるそうです。


山形城本丸現説1
山形城本丸現説2
山形城本丸現説3山形城本丸現説4展示されていた出土遺物の一部。金箔・赤・黒瓦のそろい踏み。



山形城本丸現説5石敷き遺構。今のところ性格不明とのこと。



山形城本丸現説6溝状遺構。蓋をするように石が置かれており、側溝か暗渠と思われる。



山形城本丸現説7溝状遺構。蓋は無く小さな石が敷き詰められている。今のところ土地を区画するためのものと考えられています。



山形城本丸現説8石列遺構。これも土地を区画する為の遺構と考えられています。



山形城本丸現説9礫廃棄遺構。明治29年に歩兵32連隊が入部し、本丸の石垣を崩した際に栗石を埋めた物と考えられています。



山形城本丸現説10石組井戸。平成14年度に一度調査したそうですが、今回再調査したとのことで石の組み方から江戸前期以後の遺構だそうです。



山形城本丸現説11調査区の様子。



山形城本丸現説12復元された一文字門石垣。



山形城本丸現説13復元された東大手門。











関連記事

国指定史跡小峰城跡復旧の見通し←福島県白河市

3月11日の東日本大震災で甚大な被害の出た福島県白河市の小峰城跡の復旧の見通しが発表されました。崩落した石垣9ヶ所の修復工事が12月より始まるようです。今現在、予定とのことですが順調に修復工事が始まって欲しい物です。

★参考
  ↓
★白河市


小峰城被害A
小峰城被害B月見櫓台周辺石垣の崩落状況。2011.04.29撮影。



小峰城被害C
小峰城被害D搦手門石垣の崩落状況。2011.04.29撮影。




関連記事

平成23年度 伊達市歴史文化講演会 伊達の城―中世伊達氏の本拠とその周辺―

福島県伊達市にて9月23日(金)13:00~「平成23年度 伊達市歴史文化講演会 伊達の城―中世伊達氏の本拠とその周辺―」が開催されます。内容は下記の通りです。興味深い内容ですので時間があったら参加してみようと考えています。


●平成23年度 伊達市歴史文化講演会 伊達の城―中世伊達氏の本拠とその周辺―

①講演「中世城館の実像」齋藤慎一(江戸東京博物館学芸員)
②報告「桑折西山城と伊達氏の城館」井沼千秋(桑折町教育委員会)
③報告「信夫郡の中世城館と伊達氏」菅野崇之(福島市振興公社)
④報告「室町・戦国期の伊達氏の様相」今野賀章(伊達市教育委員会)


★9月23日(金)13:00~
★会場・伊達市ふるさと会館MDDホール
★入場無料・申し込み不要。
★問い合せ 教育総務課文化振興係。024-577-3245



関連記事

企画展「栃木の城 シリーズ7 鬼怒川流域の中世城館跡―近年の調査資料を中心に―」←とびやま歴史体験館

栃木県宇都宮市のとびやま歴史体験館で、9月24日(土)~11月23日(水・祝)まで 企画展「栃木の城 シリーズ7 鬼怒川流域の中世城館跡―近年の調査資料を中心に―」が開催されます。このシリーズ、毎回パネルと出土遺物を使って栃木の城を紹介しています。コンパクトな展示ですが、栃木の城を概観する事の出来るすぐれた企画展だと思います。この企画展にあわせて11月13日(日)午後1時30分から「最近の調査成果からわかる鬼怒川流域の城」と題した講演も行われます。とびやま歴史体験館は国指定史跡飛山城に併設していますので、飛山城ともども訪ねてみてはいかがでしょうか。飛山城、東日本大震災で被害を受けました。5月4日に被害状況を見に行ったのですが、その後どうなったのかこの企画展にあわせて見てこようと思います。


 ● とびやま歴史体験館
「栃木の城 シリーズ7 鬼怒川流域の中世城館跡
 ―近年の調査資料を中心に―」
【 企 画 展 】
期 日  9月24日(土)~11月23日(水・祝) 
会 場  とびやま歴史体験館 (竹下町380-1)
内 容  近年調査された鬼怒川流域の城を中心に出土遺物やパネルを使って紹介します。
問合せ  とびやま歴史体験館 電話028-667-9400
【 歴 史 講 座 】
日 時  11月13日(日) 午後1時30分~3時
内 容  「最近の調査成果からわかる鬼怒川流域の城」と題した文化課職員による講話。
申 込  電話またはファックス(氏名・電話番号を明記)で,とびやま歴史体験館へ。
会 場  とびやま歴史体験館 (竹下町380-1)
問合せ  とびやま歴史体験館 電話028-667-9400  FAX028-667-9401


飛山城5とびやま歴史体験館2010.09.19撮影




飛山城1
飛山城2
飛山城3
飛山城4東日本大震災による被害の様子。2011.05.04撮影。




関連記事
プロフィール

元祖nekodarake

Author:元祖nekodarake
FC2ブログへようこそ!

★城と戦国武将が好きなnekoです。のんびり更新していきます。お楽しみ頂けましたら幸いです。
★更新情報等掲示板に書き込みしますので掲示板も覗いてみて下さい!!

お城の話掲示板
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
661位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
110位
アクセスランキングを見る>>
お城の話

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR