FC2ブログ

特別公開 額田城に届いた伊達政宗の「密書」が始まりました。←那珂市歴史民俗資料館

那珂市歴史民俗資料館の『額田城に届いた伊達政宗の「密書」』が始まりました。
伊達政宗の血判起請文は迫力がありました。
この起請文を含む「小野崎文書」をレスキューされた茨城資料ネットの方々の丁寧な解説も有難かったです。
地元の方の関心も高いようで開館と同時に沢山の方々で賑わっていました。
5月12日(日)までの開催です。

茨城資料ネット(茨城県文化財・歴史資料救済保全ネットワーク準備会)は、東日本大震災で被災したものの未指定だったり個人蔵で行政の手の届きにくい文化財・歴史資料をレスキューしているボランティア団体です。今回の「小野崎文書」もその活動のなかで救出され発見された物です。ボランティア団体という事で活動は文化財・歴史に関心ある方々の資金支援で成り立っているとの事です。

という事で受付に募金箱がありましたので管理人もささやかですが協力させていただきました。

5月3日に開催予定の「歴史フォーラム●新発見『小野崎文書』の世界」は要申込(先着300名)とのこです。参加をお考えの方はお早めに。

那珂市歴史民俗資料館a那珂市歴史資料館入り口。


那珂市歴史民俗資料館b利用案内。
関連記事
スポンサーサイト



伽羅之御所跡発掘調査現地説明会←岩手県西磐井郡平泉町

平成25年4月27日(土)に岩手県西磐井郡平泉町の伽羅之御所跡で発掘調査現地説明会が開催されます。
奥州藤原氏三代秀衡の居館跡とされる伽羅之御所跡で藤原氏時代の堀が見つかったそうです。

興味深い現説ですが平泉も遠いなあ。

詳細は公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターのHPを参照下さい。
2011年10月1日に開催された柳之御所の現説の写真を参考に掲載しておきます。柳之御所は整備公開されていて資料館もあります。伽羅の御所跡の近くにあります。現説にあわせて訪れて見てはいかがでしょうか。


★期 日 : 平成25年4月27日(土)
★場 所 : 平泉町平泉字伽羅楽6-3ほか
★時 間 : 午後1時30分から
★問い合わせ:調査事務所 TEL080-1668-3503


柳之御所平成23年10月1日発掘調査c柳之御所平成23年10月1日発掘調査b柳之御所平成23年10月1日発掘調査a2011年10月1日開催の柳之御所発掘調査現地説明会(第73次調査)の様子。
関連記事

小峰城道場門跡 その3←福島県白河市

平成25年4月10日に訪ねたところ道場門跡の整備工事は終わっていました。ただ植栽が根付くのを待っているのでしょうか、整備された敷地内にはまだ入る事が出来ませんでした。


小峰城道場門平成25年4月10日a小峰城道場門平成25年4月10日b図書館側から見たところ。


小峰城道場門平成25年4月10日c図書館西側に接設置された案内板。


小峰城道場門平成25年4月10日d小峰城道場門平成25年4月10日e図書館西側から見たところ。


小峰城道場門平成25年4月10日f小峰城道場門平成25年4月10日h南側から見たところ。


小峰城道場門平成25年4月10日g小峰城道場門平成25年4月10日i新しく設置された案内板。


小峰城道場門平成25年4月10日k小峰城道場門平成25年4月10日j東側から見たところ。
関連記事

小峰城道場門跡 その2←福島県白河市

平成24年12月に訪れたところ、道場門の整備事業が始まっていました。


小峰城道場門平成24年12月15日a整備工事の告知板。


小峰城道場門平成22年12月15日g完成予想模型。


小峰城道場門平成22年12月15日h
完成予想図。


小峰城道場門平成22年12月15日b小峰城道場門平成22年12月15日c南側から見たところ。



小峰城道場門平成22年12月15日e小峰城道場門平成22年12月15日f西側から見たところ。
関連記事

小峰城道場門跡 その1←福島県白河市

道場門は小峰城外郭南西部にありました。平成7年(1995)~平成11年(1999)に複合文化施設建設にともなう発掘調査で確認されました。保存整備を待っている平成22年(2010)の様子です。

小峰城道場門平成平成22年5月8日a
道場門跡よりJR白河駅と三重櫓を望む。


小峰城道場門平成平成22年12月4日a小峰城道場門平成平成22年12月4日b小峰城道場門平成平成22年12月4日c現地案内板。


小峰城道場門平成平成22年12月4日d小峰城道場門平成平成22年12月4日e小峰城道場門平成平成22年12月4日f小峰城道場門平成平成22年12月4日g小峰城道場門平成平成22年12月4日h小峰城道場門平成平成22年12月4日i小峰城道場門平成平成22年12月4日j
関連記事

小浜城←福島県二本松市

蒲生期に造られたとも言われる石垣が残る小浜城。主郭以外は薮や畑地となっていますが、わずかに残る石垣は見ごたえがありました。

小浜城平成25年4月15日a現地案内版。かなり痛んでいて文字が読めなかったり風で揺れて倒れるかと・・・。


小浜城平成25年4月15日b復元画の部分。


小浜城平成25年4月15日d小浜城平成25年4月15日c主郭の壁面は実にシャープ。どの程度旧態をとどめているのでしょう。


小浜城平成25年4月15日e主郭に残る石垣。写真で見ていた感じと違い、大振りの石材を使った見事な石垣。


小浜城平成25年4月15日f主郭への入り口。当時もここが虎口だったのでしょうか。階段が微妙に斜めについているので喰い違い虎口の可能性も。1981年(昭和56)に発掘調査が行われているのですがここも調査されているのでしょうか。手元に四本松城の調査報告書しかないので後ほど調べてみます。


小浜城平成25年4月15日g階段の西側の壁面にも残石が見られるのでこちらにも石垣があったのでしょうか。


小浜城平成25年4月15日h上から見てみました。


小浜城平成25年4月15日i主郭の城址碑。昭和3年建立。


小浜城平成25年4月15日j昭和47年に初代大内晴継公築城500年記念に建立されたもの。


小浜城平成25年4月15日k
伊達政宗公手植えの松。伊達政宗は二本松城の畠山氏を攻めるためにここに1年ほど居たようです。


小浜城平成25年4月15日l主郭に建つ案内板。


小浜城平成25年4月15日m伊達政宗の殿舎と思われる建物跡が見つかっているようです。伊達氏時代に作事だけではなく普請の方の改修も行われたのでしょうか。


小浜城平成25年4月15日n隅角部分でしょうか大振りの石。


小浜城平成25年4月15日o小浜城平成25年4月15日p堂々とした石垣です。


小浜城平成25年4月15日q小浜城平成25年4月15日r主郭と二郭との間の堀切跡。


小浜城平成25年4月15日s大手門跡。


今回は石垣の見学を目的に訪城したこともあって主郭しか見学していません。次回は発掘調査報告書などにも目を通して主郭以外の部分も歩いて見たいと思います。
訪城日(平成25年4月15日)。


関連記事

津城跡発掘調査現地一般公開←三重県津市

本日(平成25年4月20日)津城跡の発掘調査現地説明会が開催されますが、明日21日も発掘現場が公開されるようです。初めは現説のみでしたが、反響が大きかったのでしょうか。
遺構は記録保存後に破壊されてしまうようなので一日でも多く公開される事は好ましいですね。二度と見る事は出来なくなるのでお時間のある方はぜひお出掛け下さい。
詳細は津市のHPでご確認ください

★一般公開開催日時 平成25年4月21日(日)10:00~16:00
★場所       津市中央郵便局南側
★問い合わせ    津市教育委員会事務局生涯学習課  TEL059-229ー3251


関連記事

小峰城修復の様子(平成25年4月10日)←福島県白河市

小峰城城修復、ちゃくちゃくと進んでいます。崩落した石垣の石材撤去、第2期に入りました。平成25年9月30日までの予定です。


小峰城修復平成25年4月10日a会津門跡付近の第2期工事を告げる案内板。


小峰城修復平成25年4月10日b北西から見た小峰城跡。


小峰城修復平成25年4月10日c土嚢が積まれた雪見櫓台。


小峰城修復平成25年4月10日e雪見櫓台。巨大な土嚢が積まれている。


小峰城修復平成25年4月10日d帯曲輪の石垣崩落箇所にも土嚢が。


小峰城修復平成25年4月10日f帯曲輪・本丸の石垣崩落箇所。シートがかけられ、土嚢が積まれている。


小峰城修復平成25年4月10日g本丸北面の石垣崩落箇所にも大量の土嚢が。


小峰城修復平成25年4月10日h搦手門跡は手付かず。三重櫓に入れるように本丸南面の石垣修復が優先のようです。


小峰城修復平成25年4月10日i三重櫓、白壁が落ちています。


小峰城修復平成25年4月10日j清水門跡より見た本丸南面。


小峰城修復平成25年4月10日k藤門跡より見た三重櫓。


小峰城修復平成25年4月10日l藤門跡付近より見た竹の丸南面の石垣崩落箇所。


小峰城修復平成25年4月10日m三重櫓。復元ですがすっかり城跡になじんでいます。美しい。
関連記事

津城跡発掘調査現地説明会←三重県津市

津城跡で発掘調査現地説明会が開催されます。民間開発で現状保存できない内堀石垣を調査したところ改修の跡が確認されたとのことです。詳細は津市のHPに掲載されています。記録保存ですし興味深い発掘成果がでているので参加してみたいのですが三重県は遠いです。


★開催日時  平成25年4月20日(土)10時~ 小雨決行
★場所    津中央郵便局南側
★問い合わせ 津市教育委員会事務局生涯学習課 TEL 059-229-3251
関連記事

長沼城の桜(平成25年4月17日)←福島県須賀川市

長沼城の桜が満開になっていました。
長沼城址は見事な桜で有名です。
桜の時期に長沼城を訪れると遠目にも桜に彩られた城山が迫って来ます。
ところが今年はくすんだ色合いの城山が目に入って来ました。
少し早かったかと思いましたが城跡周辺の桜は見事に満開。
登城口の駐車場の桜も満開。
どうした事かと城に登ってみましたが、今年の桜は花のつきが悪いようで、そのうえ葉も出ている状態でした。地元の方でしょうか、桜の様子を見に来る多くの方が口々に今年の桜は良くないとおっしゃっていました。何か原因があるのでしょうか。来年はまた見事に咲いて欲しいものです。

長沼城の桜平成25年4月17日a現地案内板。


長沼城の桜平成25年4月17日cふくしま緑の百景の石碑。


長沼城の桜平成25年4月17日b長沼城の桜平成25年4月17日d長沼城の桜平成25年4月17日e登城口の桜は美しく咲いています。
関連記事

古館の桜(平成25年4月17日)←福島県須賀川市桙衝

南北朝時代に二階堂時藤入道が築いたと伝わる館跡の桜です。
散り始めていました。
散り始めの桜も風情がありますが、満開まじかの桜も味がありますね。来年は少し早めに訪ねてみたいです。

桙衝館の桜平成25年4月17日a桙衝館の桜平成25年4月17日e堂々とした樹です。


桙衝館の桜平成25年4月17日b現地案内板。


桙衝館の桜平成25年4月17日c現地案内板によると、根元に不動様がまつられているために不動桜とも言われているようです。


桙衝館の桜平成25年4月17日d
関連記事

横田陣屋の御殿桜(平成25年4月17日)←福島県須賀川市横田

横田陣屋の御殿桜、今年は見頃を過ぎました。
なかなか見に行く事が出来なかった御殿桜、今年はもう遅いと思いながら訪ねましたが、残念ながら見頃を過ぎていました。来年また逢いに行こうと思います。

横田陣屋御殿桜平成25年17日a今年は見頃を過ぎました。


横田陣屋御殿桜平成25年17日c現地案内板の写真。見事な桜です。


横田陣屋御殿桜平成25年17日d現地案内板。


横田陣屋御殿桜平成25年17日b横田陣屋。現在、個人の御宅となっています。花の時期は大変ですね。陣屋の遺構はあるのでしょうか・・・。
関連記事

二本松城の桜(平成25年4月15日)←福島県二本松市

二本松城の桜が満開となり散り始めています。

二本松城桜平成25年4月15日a
二本松城桜平成25年4月15日b
二本松城桜平成25年4月15日c
二本松城桜平成25年4月15日d
二本松城桜平成25年4月15日e
石垣と桜をうまく絡めて撮りたいのですがなかなか良い絵になりません。
関連記事

小浜城の桜(平成25年4月15日)←福島県二本松市

小浜城の桜が満開です。
桜ではなく、蒲生期?とも言われている石垣を見に行ったところ、思いのほか桜が見事でした。わずかに残った石垣と桜が絶妙にマッチしていました。



小浜城桜平成25年4月15日a小浜城桜平成25年4月15日c主郭入り口の桜。


小浜城桜平成25年4月15日b石垣と桜、良く似合います。


小浜城桜平成25年4月15日d小浜城桜平成25年4月15日fなかなか上手く撮れません。
関連記事

森田大田原家墓所←栃木県那須烏山市(旧南那須町)

那須烏山市森田の大雲山光隆院芳朝寺にある1500石の交代寄合森田大田原氏の墓所です。大田原藩主、大田原晴清の弟増清から始まり明治まで累代しました。森田大田原氏の資料が手元にあまりないので詳細は後日ということで写真での紹介です。



森田大田原氏墓所a芳朝寺本堂。森田城の麓にあります。


森田大田原氏墓所b墓所への案内板。


森田大田原氏墓所c森田大田原氏墓域


森田大田原氏墓所d現地案内板。


森田大田原氏墓所e森田大田原氏墓所f森田大田原氏墓所g個性的な形の墓石が並んでいます。



関連記事

小峰城の桜(平成25年4月10日)←福島県白河市

小峰城の桜がほぼ満開となり見頃をむかえています。東日本大震災で崩落した石垣の復旧工事が続いており三重櫓には入れませんが艶やかな桜を求める人々で賑わっていました。

小峰城平成25年4月10日a小峰城平成25年4月10日c小峰城平成25年4月10日b会津門跡付近より見る帯曲輪と本丸。


小峰城平成25年4月10日d小峰城平成25年4月10日e小峰城平成25年4月10日f西側から見る帯曲輪と本丸。


小峰城平成25年4月10日g北面から見る三重櫓。


小峰城平成25年4月10日h藤門跡より見る三重櫓


小峰城平成25年4月10日i太鼓門跡付近より見る三重櫓。
関連記事

飛山城修復工事が始まっていました。←栃木県宇都宮市

東日本大震災で北側斜面が崩落した飛山城の修復工事が始まっていました。


飛山城平成23年5月4日a飛山城平成23年5月4日b飛山城平成23年5月4日c東日本大震災で崩落した北側斜面。平成23年5月4日撮影。


飛山城平成25年4月5日a飛山城平成25年4月5日b飛山城平成25年4月5日c修復の様子。平成25年4月5日撮影。


工事は5月28日までのようですね。現在、飛山城跡内立ち入りが制限されている部分があります。工事終了後には全域が解放されるのでしょうか。飛山城平成25年4月5日e
関連記事

勝山城の桜(平成25年4月5日)←栃木県さくら市

栃木県さくら市にある勝山城の4月5日(金)の様子です。勝山城跡には数種類の桜が植えられていますが、ソメイヨシノのが満開のピークをむかえ散り始めていました。隣接する鬼怒川畔のゆうゆうパークの桜並木も同様で桜吹雪につつまれながらのお花見となりました。


勝山城桜平成25年4月5日a勝山城桜平成25年4月5日b勝山城桜平成25年4月5日c勝山城主郭内の桜。


勝山城桜平成25年4月5日d主郭を巡る空堀・土塁と桜。


勝山城桜平成25年4月5日eゆうゆうパークより望む勝山城址。
関連記事

磐城平城の石垣について←福島県いわき市

磐城平城の石垣も東日本大震災で被災しました。この様子も北日本近世城郭検討会のHPに掲載されています。磐城平城は市街化が進み、その中にわずかに残る遺構だっただけに残念です。


磐城平城塗師櫓1磐城平城塗師櫓2被災前の塗師櫓石垣2009年7月6日撮影。


磐城平城塗師櫓3磐城平城塗師櫓5中門櫓石垣2009年7月6日撮影。




関連記事

歴史フォーラム「新発見『小野崎文書』の世界」←茨城県那珂市

茨城県那珂市の歴史民俗資料館で開催される『特別公開 額田城に届いた伊達政宗の「密書」』の関連事業でしょうか、5月3日(金)に『歴史フォーラム「新発見『小野崎文書』の世界」』が行われます。


★歴史フォーラム「新発見『小野崎文書』の世界」

★日 時  5月3日(祝) 13時~15時30分
★入 場  無 料
★要申込  先着300名
★会 場  総合センター らぽーるホール
★[主催] 那珂市 那珂市教育委員会 茨城史料ネット
★[後援] 茨城県教育委員会[協力] 茨城大学 NPO法人 歴史資料継承機構

★内容 記念講演「政宗文書の中の『小野崎文書』」  講師:仙台市博物館市史編さん室長 菅野正道氏
    報告 「発見の経緯とその概要」 茨城史料ネット
    コメント  那珂市史編さん委員 高橋裕文
    進行   茨城大学教授 高橋 修

★問い合わせ先  〒311-0121 茨城県那珂市戸崎428-2 TEL029-297-0080         


        
関連記事

特別公開 額田城に届いた伊達政宗の「密書」←那珂市歴史民俗資料館

東日本大震災おいて被災したひたちなか市の商家から茨城史料ネット(茨城大学内)の文化財レスキュー作業中に伊達政宗が額田城主小野崎照通に送った密書とも呼べる書状を含む5点の文書が発見されました。このニュース、大変興味深く、どこかで展示されることがあるのだろうかと考えていたのですが、茨城県那珂市の歴史民俗資料館で公開されることになりました。大変に楽しみです。


● 期 間 平成25年4月27日(土)~5月12日(日)  ※4月30日(火),5月7日(火)は休館
● 時 間 9:00~16:30(入館は16:00まで)
● 会 場 那珂市歴史民俗資料館 常設展示室
● 入館料 無 料
● 〒311-0121 茨城県那珂市戸崎428番地2
● TEL:029-297-0080
関連記事

宇都宮城の桜(平成25年4月1日)←栃木県宇都宮市

今年も桜の季節になりました。宇都宮城址公園には数種類の桜があります。河津桜は散り始めていますが、枝垂れ桜やソメイヨシノは見頃をむかえています。


宇都宮城桜平成13年4月1日a
宇都宮城桜平成13年4月1日b
富士見櫓と枝垂れ桜


宇都宮城桜平成13年4月1日c
清明台と「住めば愉快だ宇都宮」ののぼり


宇都宮城桜平成13年4月1日d清明台と枝垂れ桜


宇都宮城桜平成13年4月1日g清明台と枝垂れ桜


宇都宮城桜平成13年4月1日f清明台・富士見櫓・枝垂れ桜


宇都宮城桜平成13年4月1日e孝子桜
関連記事

棚倉城二の丸石垣について←福島県東白川郡棚倉町

棚倉城二の丸西面には石垣が築かれていましたが、東日本大震災で二か所崩落してしまったようです。この棚倉城の被災の情報は2011年8月21日に開催された第6回北日本近世城郭検討会「東日本大震災による城郭の被災」資料集にも報告がなく、どのような状況かわからずにいましたが、最近北日本近世城郭検討会のHPに被災の様子が掲載されているのを知りました。
こちら
 ↓
★北日本近世城郭検討会

こちらのサイトを拝見すると棚倉城は史跡指定されていないこともあって対応に苦慮しているようです。震災から2年がたちましたが棚倉町のHPをみてもその後の様子が見えて来ません。どのような状況になっているのでしょうか。

被災前の棚倉城二の丸西面石垣
棚倉城石垣平成22年4月14日e棚倉城石垣平成22年4月14日d棚倉城石垣平成22年4月14日h棚倉城石垣平成22年4月14日i
関連記事
プロフィール

元祖nekodarake

Author:元祖nekodarake
FC2ブログへようこそ!

★城と戦国武将が好きなnekoです。のんびり更新していきます。お楽しみ頂けましたら幸いです。
★更新情報等掲示板に書き込みしますので掲示板も覗いてみて下さい!!

お城の話掲示板
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
417位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
84位
アクセスランキングを見る>>
お城の話

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR