FC2ブログ

松山城三之丸跡18次調査現地説明会←愛媛県松山市

松山城三之丸跡18次調査現地説明会が開催されます。
藩士の弓馬の稽古に利用された馬場と道路を区切っていた「馬場土手」が初めて確認されたとのことです。

◆日時  平成27年12月23日(水) 11:00から
◆場所  松山城三の丸跡
★詳細は松山市埋蔵文化財センターのHPでご確認ください。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

大阪城の櫓内部公開←大阪府大阪市

大阪城の現存建造物の一部の内部が期間限定で公開されます。公開されるのは千貫櫓・大手門多聞櫓・焔硝蔵です。いずれも重要文化財に指定されています。今回は乾櫓の公開はないようです。普段入場できないので楽しみなイベントですね。期間が長いのでぜひ訪れてみたいと思います。

◆会 期  平成28年1月9日(土)~6月5日(日)
◆時 間  10:00~16:30
★櫓入場券が必要です。詳細は大阪城天守閣HPでご確認ください。

大阪城イベントA

大阪城イベントB
関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

伊治城跡発掘調査現地説明会←宮城県栗原市

伊治城跡第43次発掘調査現地説明会が開催されます。
今回の調査では伊治城跡の構造、変遷を考えていく上で重要な成果が得られたとのことです。

◆日時  12月23日(水曜日)10:30~11;30
◆場所  伊治城跡発掘調査現場
★詳細は栗原市HPでご確認ください。
関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

大溝城跡発掘調査現地説明会←滋賀県高島市

大溝城跡発掘調査現地説明会が開催されます。本丸跡北端部から船着き場らしい石垣と堀が見つかったとのことです。天正6年(1578)に築かれた大溝城。織田信長の安土城築城後に築かれていて、安土城と同じ文様の瓦が見つかるなど信長の強い影響が感じられる城とのことです。
12月23日(水)10:30から現説が開催されるようです。
詳細がわかりましたらご紹介したいと思います。
関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

飯田城跡発掘調査現地説明会←長野県飯田市

飯田城跡発掘調査現地説明会が開催されます。
飯田城本丸周辺の調査で上飯田から飯田城本丸へ水を引いた水路「御用水」等に関する解説がされるようです。

◆日時  平成27年12月19日(土曜日)午前10:~
◆場所  飯田市追手町2丁目655-6(飯田市美術博物館第3駐車場)
★詳細は飯田市HPにてご確認ください。
関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

岩櫃城跡発掘調査現地見学会←群馬県吾妻郡東吾妻町

岩櫃城跡発掘調査現地見学会が開催されます。
本年度は城下町地区を調査しているとのことで、巨大な堀切や城内初となる道路跡などが発見されたとのことです。調査の概要は「広報ひがしあがつま」11月号P.6及び12月号P.8に掲載されています。東吾妻町HPの広報のコーナーを覗いてみてください。なかなか面白そうな現説になりそうです。

◆日時     平成27年12月19日(土) 10:30~/14:00~ 
         ※雨天・荒天(積雪など)の場合は中止
◆場所     岩櫃城跡城下町地区発掘調査現場
◆集合場所  岩櫃山登山口第2駐車場(アスファルト敷きの駐車場)
★詳細は東吾妻町HPにてご確認ください。
関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

平成27年度真壁城発掘調査現地説明会に参加してきました。

茨城県桜川市の真壁城跡で平成27年12月5日(土)に開催された現説に参加してきました。
今年度の調査は昨年に続き三の丸にあたる中城の庭園跡の調査でした。今年度は雨が多く思うように掘れなかったとのことですが、色々と面白い知見が得られていました。昨年確認された北池ですが、西側にさらに広がっているのが確認されていました。北池は真壁久幹、氏幹。房幹と三期の変遷があるようです。氏幹の代に久幹の池を一部埋め中島や出島などを作ったり池の北岸を一部埋め土塁の拡張を行っていました。慶長7年に真壁氏が佐竹氏に従って秋田へ移転する際に池を埋め戻しているようで地鎮の際に埋められたと思われる水晶が見つかっていました。一見しただけではわかりにくい発掘現場ですが発掘担当の宇留野さんの懇切丁寧な解説により遺構の理解が深まりました。来年度も引き続き庭園の調査を行うとのことで、どのような成果が得られるのか今から楽しみです。

真壁城では、この幟が迎えてくれます。
真壁城現説2015.12.05A

真壁城現説2015.12.05B

真壁城現説2015.12.05C

水路状の池から大量のかわらけが見つかっていました。
真壁城現説2015.12.05E

ビニールが串刺しになっているところから水晶が見つかっています。
真壁城現説2015.12.05F

数か所からこのような水晶が出土しているとのことです。
真壁城現説2015.12.05D

関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

まほろん文化財講演会「白川城と小峰城」に参加してきました。

平成27年12月12日に開催されたまほろん文化財講演会「白川城と小峰城」に参加してきました。
石井 洋光 氏(白河市建設部都市政策室文化財課主任主査)による講演でしたが、小峰城の石垣修復やそれに伴う調査・白川城の発掘町成果をわかりやすく解説されていました。色々と面白いお話でしたが現在報告書作成中とのことなので刊行を待ちたいとおもいます。報告書ですが一般人にも入手しやすい形で刊行されると良いのですが・・・・・。

小峰城と白川城A

小峰城と白川城B

小峰城と白川城C
関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

埼玉県立嵐山史跡の博物館平成27年度企画展「中世黎明ー時代を変えた武士と民衆ー」

埼玉県立嵐山史跡の博物館にて平成27年度企画展「中世黎明ー時代を変えた武士と民衆ー」が開催中です。
10世紀から12世紀中頃が古代から中世への移行期といわれています。この企画展では古代と中世の集落遺跡や屋敷跡から出土した資料などからその変化を明らかにしていくとのことです。

◆会期   平成27年12月5日(土)~平成28年2月21日(日)
◆時間   9:00~16:30(入館は16:00まで)
◆休館日 毎週月曜日(ただし、1月11日は祝日のため開館) 年末・年始(12月28日(月)~1月3日(土))
★その他詳細は埼玉県立嵐山史跡の博物館HPでご確認ください。

埼玉県立嵐山史跡の博物館A

埼玉県立嵐山史跡の博物館B

菅谷館A
  
関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

埼玉県立嵐山史跡の博物館平成27年度企画展関連講演会 「将門の乱と古代末期の関東」(仮題)

埼玉県立嵐山史跡の博物館平成27年度企画展「中世黎明ー時代を変えた武士と民衆ー」の関連講演会が開催されます。

◆日時  平成28年1月15日(金) 14:00~15:30
◆場所  国立女性教育会館 講堂
◆内容  「将門の乱と古代末期の関東」(仮題) 川尻秋生氏(早稲田大学教授)
要申し込みです。(12月22日(火)必着)。詳細は埼玉県立嵐山史跡の博物館HPでご確認ください。
関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

シンポジウム「検証!古代から中世へ-東日本の視点から-」

埼玉県立嵐山史跡の博物館にて平成27年度企画展「中世黎明ー時代を変えた武士と民衆ー」関連事業としてシンポジウム「検証!古代から中世へ-東日本の視点から-」が開催されます。

◆日時  平成28年1月31日(日) 10:00~16:00(予定)
◆場所  国立女性教育会館 講堂
◆内容  ・基調講演『東国の中世から古代を考えるー「東山道」視点からー』 
       木村茂光氏(東京学芸大学名誉教授)
      
・報告1  「北武蔵の武士の本拠地の成立とその背景」        
       鎌倉佐保氏(首都大学東京准教授)
      
・報告2  「経塚から見た中世成立期」                 
        水口由紀子氏(埼玉県立さきたま史跡の博物館)
      
・報告3  「奥羽から見た関東」                       
       飯村 均氏(福島県文化財センター)
要申し込みです(1月26日(火)必着)。詳細は埼玉県立嵐山史跡の博物館HPでご確認ください。
関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

「加越国境城跡群及び道」国史跡指定記念シンポジウム『戦国の城と道の実像を探る』←石川県金沢市

「加越国境城跡群及び道」国史跡指定記念シンポジウム『戦国の城と道の実像を探る』が開催されます。
平成27年10月7日に、国史跡に指定された「加越国境城跡群及び道 切山城跡 松根城跡 小原越」の史跡としての価値を広め保存・継承していく契機とすることを目的としたシンポジウムです。

◆日時  2015年12月6日(日) 13:00~ 16:30(開場12:30)
◆場所  石川県文教会館 ホール
◆内容    ・記念落語
   春風亭 昇太 氏(落語家、『城あるきのススメ』〈小学館〉著者)
 ・記念講演 『加越国境城跡群の歴史的意義』
   千田 嘉博 氏(奈良大学 学長、城郭考古学)
 ・調査報告 『天正12年の加越国境の戦い』
   木越 隆三 氏(石川県金沢城調査研究所 所長、歴史学)
 ・調査報告 『加越国境城跡群及び道の調査成果』 文化財保護課
 ・パネルディスカッション『戦国の城と道の実像を探る』
   コーディネーター:谷内尾 晋司 氏(石川考古学研究会 会長、考古学)
   パネリスト:春風亭 昇太 氏、千田 嘉博 氏、宮下 英樹 氏(漫画『センゴク』〈講談社〉シリーズ作者)、木越 隆三 氏など
★詳細は金沢市HPにてご確認ください。
関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

赤山曲輪遺跡発掘調査現地説明会←埼玉県川口市

赤山曲輪遺跡発掘調査現地説明会が開催されます。寛永6年(1629)に関東郡代伊奈半十郎忠治が築造し、以後163年間にわたり在地支配の拠点として機能してきた、赤山陣屋の伊奈氏家臣屋敷跡地にあたる赤山曲輪遺跡の調査成果の説明会です。屋敷地を区画する溝などが確認されているようです。

◆日時  平成27年12月12日(土)9:15~12:30
◆場所  川口市大字赤山470付近 (首都高速川口線 川口PA北側)
※雨天の場合は、12月13日(日)同時刻に延期。(予備日も雨天の場合は中止)
★詳細は川口市HPにてご確認下さい。
関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

三宅土居発掘調査現地説明会←島根県益田市

島根県益田市の三宅土居跡で発掘調査現地説明会が開催されます。
今回の調査では、V字状に掘りこまれた溝跡や敷地造成跡等が見つかり、館の変遷の様子が確認されたとのことです。
また、平成20年度から行われた第一期調査の最終年度にあたるため今までの調査結果についても解説がなされるとのことです。

◆日時  平成27年12月6日(日)13:30~14:30 少雨決行
◆場所  三宅御土居跡発掘現場(旧泉光寺境内)
★詳細は益田市HPにてご確認ください。
関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

綱取城←福島県耶麻郡北塩原村

柏木城現説の帰りにちょっと寄って見た綱取城。夕闇迫る中現地案内板を見て少しだけ登ってみましたが、遺構も見にくくなっていたので無理せず退散。またの機会にじっくりと攻めてみたいと思います。

綱取城2015.11.01E

綱取城2015.11.01A

綱取城2015.11.01B

綱取城2015.11.01C

綱取城2015.11.01D

空堀?後世の水路跡?写真では明るく見えますが実際は何が何だか・・・・・。ここで退散。
綱取城2015.11.01F
関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

元祖nekodarake

Author:元祖nekodarake
FC2ブログへようこそ!

★城と戦国武将が好きなnekoです。のんびり更新していきます。お楽しみ頂けましたら幸いです。
★更新情報等掲示板に書き込みしますので掲示板も覗いてみて下さい!!

お城の話掲示板
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
596位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
100位
アクセスランキングを見る>>
お城の話

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR