FC2ブログ

宮城県考古学会平成28年度総会・研究発表会特集:復興関係調査で拓かれた地域の歴史2南三陸地域の中世社会 −新井田館跡を中心に−

宮城県考古学会平成28年度総会・研究発表会『特集:復興関係調査で拓かれた地域の歴史2南三陸地域の中世社会 −新井田館跡を中心に−』が開催されます。
「かつてない規模ですすめられている震災復興関係調査。次々に大きな成果をもたらしています。 この成果を糧に、地域の歴史を新たな視点で、より豊かに描き出すことが大切です。南三陸地域の中世社会について考えます。」とのことです。
宮城県考古学会主催です。総会は会員の方のみですが研究発表会は一般に公開されています。

◆日時  平成28年5月15日(日) 10:00~16:15
◆会場  仙台市博物館 ホール
◆内容  【研究発表会】
〇特集『復興関係調査で拓かれた地域の歴史2
     南三陸地域の中世社会―新井田館跡を中心に―』
11:00〜11:05 特集 趣旨説明
11:05〜11:50 復興事業関係の成果報告「南三陸町新井田館跡の発掘調査成果」村上 裕次氏(宮城県教育委員会 )
  昼 食 (70 分)
13:00〜13:45 コメント1「宮城県内の城館からの新井田館跡の位置づけ」佐藤 信行氏(宮城県考古学会 )
         コメント2「朝日館跡からみた新井田館跡」 田中 則和氏(宮城県考古学会 )
         コメント3「中世本吉・気仙地域の論点─歴史学の立場から─」七海 雅人氏 (東北学院大学 )
13:45〜14:30 討論・意見交換
休 憩 (10 分)
〇研究発表 (3本、各25分発表・5分質疑)
14:40〜15:10「 東北地方の縄文時代晩期前半における岩版の生と性」鹿又 喜隆氏
15:10〜15:40「 陸奥国府域における掘立柱廂付建物の特質」高橋 透氏
15:40〜15:50 閉会行事
★詳細は宮城県考古学会のHPを参照ください。
宮城県考古学会2016.5


新井田館につきましては以前、現説の様子を紹介していますのでご参照ください。
2013年(平成25)11月23日に行われた現説の様子を追加してご紹介します。
新井田館現説XA

新井田館現説XB

新井田館現説XC
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元祖nekodarake

Author:元祖nekodarake
FC2ブログへようこそ!

★城と戦国武将が好きなnekoです。のんびり更新していきます。お楽しみ頂けましたら幸いです。
★更新情報等掲示板に書き込みしますので掲示板も覗いてみて下さい!!

お城の話掲示板
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
661位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
110位
アクセスランキングを見る>>
お城の話

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR